墓石・建築物などの石材に歴史に磨かれた国産銘石「庵治石」
庵治石について
庵治石の特徴
庵治石の石質
庵治石の歴史
庵治石 銘石の所以
庵治石 匠の技
庵治石の特性
お客様の声
庵治石 動画のご紹介
庵治石:『牟礼・庵治 石工の技』
動画『牟礼・庵治 石工の技』(24分3秒)がご覧になれます。以下のボタンをクリックして下さい。
庵治石動画 56kでご覧の方 庵治石動画 256kでご覧の方
動画をご覧になるには
Flash Player 7が必要です。
Flash Player 7をダウンロード
庵治石の特徴
庵治石の特徴

香川県高松市の東に隣接する石の里は、山全体が花崗岩の層からなる八栗五剣山にいだかれた牟礼町・庵治町にまたがり、そこから庵治石は産出されています。

庵治石は、日本三大花崗岩の一つとしても知られ、今では、世界でも花崗岩のダイヤと呼ばれて高く評価されている石材です。きめ細かな地肌であるがゆえに風化に強く、磨けば磨くほど艶を増していきます。正式名称は「黒雲母細粒花崗閃緑岩」で、主成分は石英と長石、そこに少しの黒雲母が含まれているため、庵治石には「フ(斑)」と呼ばれる珍しい表情が現れてきます。石材という観点から花崗岩は細目(こまめ)、中目(ちゅうめ)、荒目(あらめ)と分類され、庵治石は細目と中目に分類されており、きめ細かな模様の細目(こまめ)になるほど貴重品として扱われています。また、水晶に近い硬度を持つことも庵治石の特徴です。二百年は彫られた字が崩れたり、赤茶色に変色したり、艶が無くなったりしないといわれているのもこの硬さのおかげです。

ひとつ一つの結晶が小さく、緻密であることから他の花崗岩とは比較にならないほど細かな細工を施すことが可能です。故に、庵治石は丈夫で美しく、文字や模様がいつまでも崩れたり変質したりしないのです。

【斑が浮く】
「斑」とは、よく研磨した石表面に黒雲母が特に緻密に入り、「指先で押さえたような湿り気または潤いを与えたような」まだら模様に濃淡が出ることで、斑が浮くとは石の表面が二重の絣模様(かすりもよう)のように見えることをいいます。この現象は世界の石材の中でも他に類がないとされており、庵治石特有の現象とされています。この希少性、特質から、石材の単価としては世界一と評価されています。

庵治石の種類
庵治石は、大きく分けると2種類に分類されます。
庵治石 細目
庵治石 細目 拡大を表示
庵治石 細目
日本産御影石の最高峰。地肌のきめが細かく、風化に強い。青みを帯びた石目に黒雲母が入り、微少なまだらに見える。庵治石の最大の特徴「斑(ふ)」が最も鮮やかに見られる石種である。
庵治石 中目
庵治石 中目 拡大を表示
庵治石 中目
細目に比べると、石目が大きく、色合いも白っぽい。かすかではあるが「斑(ふ)」が浮いているようにも見える。白御影石に近くなるが、庵治石特有の上品な風合いが特徴。
ページのトップへ
   
石材業者様・販売店様サイト参加について お問合わせ資料請求はこちらから
©  Shuretec Corporation. All Rights Reserved. サイト運営について